大切なことは何?

カテゴリー美祢就職相談室

次に仕事を探すときは、自分が納得のいく仕事に就きたいんですよね
適職がなかなか見つからなくて
体のことも、年齢もあるしこだわって仕事を探しているんです

こういう相談があった時に
必ず問いかけるフレーズがあります
何だと思いますか?

○大切にしようと思っていることは何ですか?
○こだわっていることは何ですか?

すると多くの人が、そこがわからないんですよと言われます

何に悩んでいるかわからなければ、正解は出てこない
さて、自分に問いかけてみてください
仕事を決めるときの優先順位は何ですか
 ○収入
 ○休日
 ○仕事の内容
 ○福利厚生
 ○通勤時間
 ○労働時間
 ○社会保険
 ○会社の規模やブランド
 ○定年制や延長雇用
 ○必要な資格やスキル
優先順位が明確になったら、それはなぜか考えてみてください
 ○自分の環境(家庭)と一致するから
 ○自分のスキルを活かすため
 ○必要な収入が明確なため(仕事内容より優先)
 ○チャレンジしてみたい仕事だから
これが一致して初めて答えにたどり着けるかもしれませんね



失敗?経験?

カテゴリー美祢就職相談室

仕事が上手くいかなくて離職
人間関係がうまくいかなくて離職
仕事が自分に向いていなくて離職
離職の原因は様々ですよね

直ぐに仕事を辞めてしまった
先輩に叱られて辞めた
これ以上仕事をしても求められているスキルに行かないと思った
ネガティブな理由で離職をしたと考えている場合、離職を失敗ととらえているケースがあります
あの時失敗したので、次の仕事がなかなか決められない
次も失敗してしまうのではないか
果たしてそうでしょうか?
どのような体験でも、いい経験をした!この経験から何を学ぶかって
考えてみてはどうでしょうか

失敗と捉えるか
経験と捉えるか
次に進む道が違ってくると思います

私たちは人生の裏方

カテゴリー美祢就職相談室

キャリアコンサルタントの仕事は、相談者の人生の裏方の仕事だと思っています
だから相談者の人生の主役に立つことはありません
つまりは〇〇しなさい! ○○が正解! ○○だからダメなんだ
など決定づけることはしません
相談者が自分の人生を主体的に歩けるようにお手伝いをするのが私たちの仕事です
相談者に寄り添い、相談者の明確でない思いを言語化する手伝いをし
相談者が、自分の意思を自分で決定し楽になっていくこと
それが私の仕事だと思っています

相談者はその答えを自分で持っているものです
ただ持っている答えに気づくことが難しい
だから私たちは、話しやすいように
合いの手をうち質問し整理をする手伝いをし、これまでの人生を振り返り言語化していく補助をする
相談者は人生を一度壊し、もう一度作っていく
つまりは人生のスクラップアンドビルドをしていくということです
ただこの時のビルドは以前に作ったものより必ず変わっています

クリスマスが近くなってきましたね
今年も残すところ15日余り、私のところにはサンタクロースは来ないようです(笑)
皆さんのところにはサンタクロースはいきますか?

自分を受け入れる

カテゴリー美祢就職相談室

就職相談室には、いろいろな相談があります
最近多いいのは転職に関する相談ですね
そして多くの人が、心に傷を負っています
多くの人と対話をするなかで少し気が付いたことがあります
相談に来る人の多くが
理想の自分と
現在(いま)の自分との乖離で苦しんでいるように見えます
今の自分を認めて(自己肯定)自分はこれでいいと思えるようになれば
楽になれる人が多い気がします
現在(いま)の自分の状態を知るためには、信頼できる人に自己開示することが大切だと思います
対話を通して、自分の考えに気が付くことがあります

運動会で転んだ時に起き上がってまた走った経験はありませんか?
友達と喧嘩をして仲直りをしたときにもっと関係が深まったことはありませんか?
テストで悪い点を取った時にこれが自分の実力かって思ったことはありませんか?
人生もそれと同じで、転んでしまうこと・トラブルになること・受け入れるべきことがあります
その時の自分を認めて、転んだけど起きたよなとか、ちゃんとごめんねって言えたよなとか
そうやって自分を褒めてまた次を向けばいいのだと思います
自分を受け入れることは、簡単そうでとても難しいのも事実です
その時は、人を頼っても人に甘えてもいいと思います、また必要だと思います

世間はお盆休み

カテゴリー美祢就職相談室

今日は誰も来ないよなぁと思っていたら
休みだからちょうどいいと思ってと、相談に来られました
今後のキャリアについてゆっくり話し
有意義な時間だった…と言って帰られました
折角のお盆休み
学生の皆さんは夏休みかな
ゆっくりするのも一息ついたら
美祢就職相談室に来られませんか
明日も通常通りあいてますよ
ここはキャリアコンサルタントが常駐されているんですよねって言われました
なかなかないそうです(笑)
ご利用ください

私たちは人生の裏方

カテゴリー美祢就職相談室

キャリアコンサルタントの仕事は、相談者の人生の裏方の仕事だと思っています
だから相談者の人生の主役に立つことはありません
つまりは〇〇しなさい! ○○が正解! ○○だからダメなんだ
など決定づけることはしません
相談者が自分の人生を主体的に歩けるようにお手伝いをするのが私たちの仕事です
相談者に寄り添い、相談者の明確でない思いを言語化する手伝いをし
相談者が、自分の意思を自分で決定し楽になっていくこと
それが私の仕事だと思っています

「自分を自分らし生きる」これがなかなか難しい
なので応募書類を書くときに自己PRをうまく書けない
志望動機が書けないという状況が起きます
〇私は今何を大切にしているの
〇これから何を大切にしようとしているの
これを明確にしていくことをお手伝いするのが私たちキャリアコンサルタントの仕事だと思います
適職なんてそんなぴったり見つかるものではありません
でも私の人生を私らしく生きるという視点が明確であれば
現状を確認しながら、自分のなすべきことが見えてくるのではないでしょうか
愚痴でいいんです、言語化することで自分の考えていることに気づくことがありますよ
まずはキャリアコンサルタントの存在を知ってキャリアカウンセリングを受けてみてはどうでしょうか
相性もあるので、ひとりのキャリアコンサルタントにしぼることはないと思いますよ

明日は七夕ですね!皆さん思いが叶いますように

妊活と就活

カテゴリー美祢就職相談室

少子化の時代
子どもは財産ですよね

しかし本人は転職するにあたり妊娠の可能性を心配します
最近このような相談が続いているので共有してみたいと思います
赤ちゃんは授かりものなので、いつ妊娠するかは誰にもわかりません
妊娠したからと言ってすぐに産休に入るわけでもありません
自分がよく考えて就職活動をするのが大切だと思います
1、働く条件を明確にする?
・短時間勤務にするか、フルタイムにするか
・出産後育休を取るか、保育園に預けるか
2、子育てを支援してくれる人がいるか
・子どもの急病の場合、支援してくれる人が周りにいるか
・地域の子育て支援体制の確認(一時預かりなど)
・病児保育等の制度確認
3、仕事を優先するか家族を優先するか
・やりたい仕事に就くか、子育てしやすい環境で働くか自分の意思を明確にしましょう
4、就活先で妊娠する可能性があることは言うか否か
・応募前職場見学では、「妊娠する可能性があります」って言われてた人が多かったですね、事業所側も反応は良かったですね
ただ、中小企業では、事務員などはひとりという場合が多いですね、その仕事を選択するか否かを自分がよく考えて決めたほうが良いと思うます

子どもは財産です、地域で守っていきたいですね

若年者の悩み

カテゴリー美祢就職相談室

4月の中旬から若年者が多く訪れています
16歳~27歳まで
ひとりひとり考えることが異なっていて
若年者だからとひとくくりにできないとつくづく思います

自分って何が向いているんだろう
自分は何の職業についたらいいんだろう
こんな時にはツールを用いて自己理解を深めていきます
 〇なんのために働くんだろう(仕事・働くうえで大切にしたい価値観)
 〇求人票は何を優先して見るのだろう(優先度)
しかしツールを使ったからと言ってわからないものがすぐに明確になるわけではありません
こうして自分を探しながら仕事を探していけるといいと思います

自分の人生を生きる

カテゴリー美祢就職相談室

60歳を超えた方からこんな相談がありました
これまで一度も親に褒められたことが無い
何をしても否定されてきた
人生100年時代になりこの先どう生きていけばいいか考えている
自分は1流の人間になりたかった
親にそう言われてきたから
でも1流になれなかった
何をしても認めてもらえず
何をしてもだめだと言われてきた
今ここからどう生きるか

1流の人生がどのようなものなのかはわかりません
でも他人の比較するから自分は1流じゃないって思ってしまう
自分のなかで自分の人生は1流だと思えればいいんだと思います
私も母親なので、 十月十日(とつきとおか)おなかの中で育て
自分から生まれてくるその愛おしい命のことはよくわかります
だから過度に干渉したり、自分の言うことを聞きなさい、親は間違えない
なぁーんて間違えた感覚になるんだと思います
この子のため、この子のためと思いながら案外母親の名誉のためということは多いものです
母親は子離れを、子どもはひとりの人格です
子どもは自律を、自分の人生を歩むのは自分です
両親は、大人として子どもの良い相談相手になってあげてください

相談者の女性は、母の考えの呪縛から逃れようともがいていたことが自覚できた
この考え方で生きていけば、自分も家族も円満になると言われました
自分の人生を歩くことが出来るひとが増えればいいなと思います