妊活と就活

カテゴリー美祢就職相談室

少子化の時代
子どもは財産ですよね

しかし本人は転職するにあたり妊娠の可能性を心配します
最近このような相談が続いているので共有してみたいと思います
赤ちゃんは授かりものなので、いつ妊娠するかは誰にもわかりません
妊娠したからと言ってすぐに産休に入るわけでもありません
自分がよく考えて就職活動をするのが大切だと思います
1、働く条件を明確にする?
・短時間勤務にするか、フルタイムにするか
・出産後育休を取るか、保育園に預けるか
2、子育てを支援してくれる人がいるか
・子どもの急病の場合、支援してくれる人が周りにいるか
・地域の子育て支援体制の確認(一時預かりなど)
・病児保育等の制度確認
3、仕事を優先するか家族を優先するか
・やりたい仕事に就くか、子育てしやすい環境で働くか自分の意思を明確にしましょう
4、就活先で妊娠する可能性があることは言うか否か
・応募前職場見学では、「妊娠する可能性があります」って言われてた人が多かったですね、事業所側も反応は良かったですね
ただ、中小企業では、事務員などはひとりという場合が多いですね、その仕事を選択するか否かを自分がよく考えて決めたほうが良いと思うます

子どもは財産です、地域で守っていきたいですね

関連する記事

最低賃金の議論がスタートしましたね
2022年06月29日
7月は、高校生の就活解禁
2022年06月27日
家族の誰かがつらいとき
2022年06月23日
妊活と就活
2022年05月17日
若年者の悩み
2022年05月10日
自分の人生を生きる
2022年02月12日