雑談力

ここ最近就職相談を受ける人から多く聞かれる言葉が
「話しをする人がいない」
「会話をしたい、したかった」
など孤独を感じる言葉です
新型コロナウイルスの影響で、リモートは普及しましたが
対面で話す機会は少なくなりました
意味もなく会話をする、目的無くたわいのない会話をするその重要性を改めて感じています

雑談から知恵が生まれることもありますし
問題が解決につながることもあると言われています
そして何よりリフレッシュできる、相手との距離が縮まるなどの効果が高いと思います

昨日の異業種交流会では「人を育てるということ」というテーマを定め
意見交換をしていただきました
・テーマが難しすぎた
・業種や世代が違い過ぎて話しにくかった
などの意見が聞かれましたが、普段背負っている外的キャリアから離れ「ひと」として闊達に意見交換をされていて
正解のない議論、自分の思い、人(他者の)思い、共通していること、共通していないことから感じられることもあるのではないかと考えています
今回の交流会を通して、異業種間の連携が深まり新たに創出することが出来ればいいなと考えています

関連する記事

職業人講話④
2021年12月03日
職業人講話③
2021年12月02日
12月のハローワーク来所日
2021年12月01日
雑談力
2021年10月28日
美祢市異業種交流会
2021年10月08日