マルチサイクル・デザインツールを活用

人生100 年時代を「生き生き」と生きていくための新メソッド

5月27日にこのテーマのセミナーを受講することになっているのですが事前学習のテキストの中に興味深い言葉が入っていました。
これまでは、ワンサイクルの時代!生涯かけてひとつの会社に勤め上げたり、ある仕事に習熟していくことができた
経験を通して「広げる」時期があり、適応し、自身の専門性を「深める」時期へ移行できた

しかし、現在(いま)働く時間は長くなり、一方で、会社の寿命、仕事の寿命は短くなった
これからは、人生の中でいくつもの仕事・会社と付き合っていくマルチサイクルな仕事人生が待ち受けている

これまでのように、自らの仕事人生=キャリアを、会社に委ねている訳にはいかない
多くの人が、知らず知らずのうちに身につけている自分流の『変わり方』。
それに気づけば、長寿の時代、変化の時代を、きっと「生き生き」と生きていくことができるはずです。

人生100年時代。

事前課題の私の「 キャリア曲線ワークシート 」です。【小さく小さく表示(笑)】
働きだしてどんな変化がありどこで自分が変わってきたのか客観的に見ることができますね
これをもとにさらに深めるのですが、良いツールだと思います。フィードバックできるようにしっかり勉強してきます

関連する記事

7月は、高校生の就活解禁
2022年06月27日
家族の誰かがつらいとき
2022年06月23日
報告書を作りながら
2022年06月22日
R4.4月の雇用情勢
2022年06月13日
(株)美祢共同企画美祢グランドホテル
2022年06月11日
可能性について
2022年06月10日