3つの「きく」の違いについて

コミュニケーションの基本は「きくこと」これはみなさん知っていますよね
マスコミでもよく言ってる
私はきき上手ですと自負している人も多いと思います
実はこの「きく」3つあるのを知っていますか

1、聞 く
な~んとなく聞く、音が入ってくる
耳に入ってきた言葉を認識する
雨音を聞く、物音を聞く、自分を呼ぶ声を聞く
こんな時に使うので「受動的」と呼ばれます
2、聴 く
傾聴が大事です!
コミュニケーションの世界では、この聴くが大事ですよ!!!
私もたくさん言われてきたし沢山言ってきました
特徴は「きく」に心が入っているところです
分解すると、十の目と心になります
「十の目と心」で聴く
相手の伝えたいこと、考えていること、思いを理解しようと耳を傾ける事です
3、訊 く
これは尋ねる事です
自分が訊きたいこと、質問、興味関心のあることを訊く
聴くとは反対方向にある訊くです
相談に行くときは「訊く」ことが多いかもしれませんね

コミュニケーションの練習では「聞かない聞き方」のワークがあります
ワークをする時には、こんなこと、私絶対してないって言うけど
案外やっています
仕事をしている時に部下に話しかけられたら、顔も上げずに聞く
「うん、うん」って生返事をしているけど意識を向けずに聞く
まぁ流した方がいいこともありますが(笑)
聞く・聴く・訊く」3つのきくを理解して、良いコミュニケーションをとってくださいね


関連する記事

7月は、高校生の就活解禁
2022年06月27日
家族の誰かがつらいとき
2022年06月23日
報告書を作りながら
2022年06月22日
R4.4月の雇用情勢
2022年06月13日
(株)美祢共同企画美祢グランドホテル
2022年06月11日
可能性について
2022年06月10日